« 鍛冶屋のおっさん | トップページ | デジタルホラーサウンド »

2006年11月18日 (土)

moonrise(弾き語りバージョン)

さて今回は「歌モノ」です!やっぱり幅を見せないとね☆
まぁ録音状況が粗悪なものだったので音はあまり良くないですけどね。(マイクスタンドがないので畳にマイクを置いてギターを録ったり、家なので外部の音が入ったり)
ほんまPAの神様がおったら、シバき倒されるで。
一回バイクが「ブゥーン!」言うて通った時なんか、めちゃめちゃ腹立ったし!
でもまぁ完成です。
この曲は僕にとって思い入れのある曲です♪大切な人にあてた曲。
あ、あと歌は僕が歌ってるんですけど思いつきで録ったので練習不足感が出てるのは勘弁して下さい。みんながみんな上手い必要はないと思うんですよ僕。やっぱり本業は作曲ですし。
だいたい僕が上手かったらボーカルさんの仕事がなくなるでしょ?
え?言い訳がましいって?
うん、えーっと今度はちゃんと練習してから録りますんで勘弁してください。ほんとスンマセンでした(汗)

「moonrise.mp3」をダウンロード
尚、個人目的を超えた転送、転載は禁止させて頂きます。

「moonrise」(ムーンライズ)作詞、作曲 葵風丸
夢の中で僕は ただ立ち尽くし
去ってゆく 手も振らず あなたの背を見つめてた
目が覚めても僕は それを引きずり
意味もなく あなたのこと 疑ったりもした

これから先の事なんて 何一つ分からないから
不安の中に埋もれて 毎日を怯えるのだろう でも、そんなこと

どうだっていいから 今、僕の目の前で
微笑みかけてくれる 一人の人を愛そう
こんな想いが 確かに僕の中で
わずかにしか見えない 君を照らし出してくれる

時の中で僕は まだ沢山の
喜びや 悲しみを 知っていくのだろう

どうだっていいだろう 独りぼっちの僕に
微笑みかけてくれた 唯一の人を愛そう
こんな気持ちが 確かに僕の中で
深く深く根をはり 大丈夫だよって言った

再び暗闇が 僕を支配しても
大丈夫 知っている 目の前の光のことを 

« 鍛冶屋のおっさん | トップページ | デジタルホラーサウンド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍛冶屋のおっさん | トップページ | デジタルホラーサウンド »